ロゴマークについて

「サークルK」「サンクス」のブランドロゴの由来

サークルK

ブランドロゴについて

サークルKの歴史は、米国ザ・サークルK・コーポレーションの創始者が、テキサス州で食料雑貨店「Kay's Drive-In Grocery Store」の3店舗を1951年に入手したことから始まりました。

▲サークルKの基となった食料雑貨店

店舗数が10店舗に達した1957年、アリゾナ州へ進出するにあたり、新たなロゴマーク「circleK(サークルK)」が考案されました。
当時、アメリカ西部で盛んだった牛の放牧をヒントに、「Kay's・・・」の頭文字「K」を○で囲み、牛の所有者を示すための「焼印」を連想させるデザインとしたのです。

サンクス

ブランドロゴについて

「サンクス」の名前は、太陽のようにあたたかく、明るい店作りと「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて、太陽の「SUN」と「Thanks」をかけて作られました。

看板としても使用されている「SUN」と「US」の間に、靴を履いて帽子をかぶっている「K」が陽気に歩いているように見えます。
これは、「お子様でも安心してご利用いただけるお店」を表しています。

カラーデザインについて

1: 「オレンジ」はアリゾナ州の夕日の空の色を表しています。
2: 「赤」はアリゾナ州の、夕日に照らされた山の端を表しています。
3: 「紫」は夕日に照らされた大地の色を表しています。

カラーデザインについて

1: 「赤」と「黄色」は太陽の明るさと暖かさをイメージし、お客様へ心温まる、愛と親しみのある親切なお店を表しています。
2: 「白」は清潔で、しかも清掃の行き届いたお店を表しています。
3: 「緑」は品切れがなく、新鮮で、しかも安全を意味しており、鮮度管理が徹底され、お客様が安心してご利用いただけるお店を表しています。

1号店オープン

日本では1979年、ユニー株式会社がザ・サークルK・コーポレーションとライセンス契約を締結し、翌年の1980年3月、名古屋市天白区に国内1号店をオープンいたしました。

サークルK1号店

1号店オープン

1980年11月に宮城県仙台市に1号店をオープンしました。

サンクス1号店

to TOP