2005年5月9日
"大阪・四天王寺の名物"を菓子パンにアレンジ
茜丸本舗タイアップ商品の発売について
看板商品のあんを使った「五色あんぱん」「虎豆あんぱん」の2種
 
株式会社サークルKサンクス(本部:東京都江東区、代表取締役社長:土方 清)は、大阪・四天王寺名物として知られる『茜丸 五色どらやき』の製造元、株式会社大納言(本社 大阪市天王寺区、茜太郎社長)とタイアップして、オリジナル商品を発売します。同社から、どらやき製品に使用している「あん」の提供ならびに商品の監修を受け、あんぱん2種を開発、関西地区のサークルK・サンクスにて、5月17日(火)〜6月13日(月)の4週間限定で販売します。

あんぱんには、いずれも大阪の土産品として高い人気を誇るどらやき『茜丸 五色どらやき』と『茜丸 虎豆どらやき』のあんを採用しました。地域で親しまれているブランドとタイアップし、馴染みの深い味を関西地区限定のオリジナル商品としてご提供することにより、地域のお客様に愛される店づくりを図ります。
 
 
○ 販売期間 2005年5月17日(火)〜6月13日(月) *4週間限定販売
   
○ 販売地区 関西地区のサークルK・サンクス 937店舗(2005年3月末現在)
 
【サークルK】 412店
  滋賀県(52店)、京都府(109店)、大阪府(144店)、兵庫県(赤穂市を除く43店)、奈良県(58店)、和歌山県(和歌山市・橋本市・那賀郡の6店)
【サンクス】 525店
  滋賀県(4店)、京都府(55店)、大阪府(261店)、兵庫県(146店)、奈良県(59店)
   
○ 商品概要  
  ◆ 商品名:茜太郎の五色(ごしき)あんぱん( 137円・税込 )
  ふっくらと焼き上げた生地と、手間ひまかけて炊きあげた「むきあん」。その名のとおり五色(ごしき)の甘納豆(金時豆・虎豆・うぐいす豆・白手亡豆・小豆)が入って、目にも楽しく、味わいも楽しいあんぱんです。土からこだわって育てた小豆を、ていねいに胚芽と芽を取り除いてから炊き上げた自慢のむきあんは、口あたりが良く、このうえなく上品です。
*「茜丸 五色どらやき」の「五色あん」を使用
   
  ◆ 商品名:茜太郎の虎豆あんぱん( 137円・税込 )
  「茜丸 五色どらやき」の中でも豆の王様と呼ばれる虎豆を贅沢に使い作り上げました。
*「茜丸 虎豆どらやき」の「虎豆あん」を使用)
 
 
<株式会社大納言について>
同社は、大阪・四天王寺で昭和15年に餡製造メーカーとして創業し、今年で65年を迎えます。本店は四天王寺のそばにあり、古くから参拝客などから親しまれてきました。最も人気の商品は「茜丸 五色どらやき」で、大阪市内の百貨店・駅売店で主に販売されており、現在では通信販売も行っていることもあり、全国的に知られている商品です。また、イメージキャラクター「茜太郎」は同社のCMやテレビでも人気です。
大納言のホームページ: http://www.akanemaru.co.jp/
 
 
以上