2005月12月8日
地域の水のおいしさと安全を伝えます。
横浜水道局「はまっ子どうし」
12月13日(火)〜神奈川県のサークルK・サンクスにて販売開始
 
 株式会社サークルKサンクス(本部:東京都江東区、代表取締役社長:土方 清)は12月13日(火)より神奈川県内(一部除く)の「サークルK」「サンクス」において、横浜市水道局の販売するボトルドウォーター「はまっ子どうし」(¥110・税込)の販売を開始いたします。地域の自治体が開発したペットボトルの飲料水を販売するのは当社では初めてとなります。

 「はまっ子どうし」は横浜市水道の水源の一つである道志川(山梨県)の源流水から採取した500mlのペットボトル入り飲料水です。
 水道水の水源の歴史とおいしさをアピールするために開発された商品で2003年からの発売開始以来、累計で30万本を越える販売本数となっており、全国の各自治体が発売するさまざまな飲料水の中でもトップクラスの販売実績があります。
 品質も日本人の嗜好に合う軟水で、お茶やコーヒー、料理に適しているだけでなく、同商品の売上の一部は「道志水源林ボランティア活動」への支援という形で水源の環境保全にも役立てられています。

 近年、ミネラルウォーターは消費者の健康志向の高まりを背景に一人当たりの年間消費量も増加し、市場も継続して拡大傾向にあります。当社でもミネラルウォーターの売上は伸長しており、品揃えにつきましても従来の中心であった'軟水'だけでなく'硬水''発泡水'といった種別にまで取り扱いを増やし、お客さまの多様なニーズに対応できるよう充実させています。
 また「水源の環境保全に貢献する」という特徴をもつ同商品が地域のお客さまの身近なお店で購入できるようになることで当社としても地域に根ざした店づくり、地域社会への貢献を推進してまいります。

 
【商品概要】
商品名: 「はまっ子どうし」(横浜市水道局)
価 格: ¥110(税込)
販売店舗: 神奈川県内(一部除く)のサークルK・サンクス
発売日: 12月13日(火)より
 
 
以上