2007年1月11日
〜東京・銀座の老舗とんかつ屋「梅林」の味をサークルKサンクスで〜
「銀座梅林 ロースカツサンド」発売
1月16日(火)より全国のサークルK/サンクスにて
 
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:土方 清)は、東京・銀座の老舗とんかつ店「梅林」と共同で企画した「銀座梅林 ロースカツサンド」(330円/税込)を、全国のサークルK/サンクス6,311店舗(2006年12月末現在)にて1月16日(火)より2月19日(月)の期間限定で販売いたします。

  これまでサンクス店舗では、2002年11月に「銀座梅林 カツサンドBOX」の発売をし、2005年12月までの間「ハンバーグサンド」や「海老カツサンド」など計9メニューを発売し好評を得てまいりました。このため、サークルK店舗へも販売を拡大し老舗の味を多くのお客様へお届けいたします。

  今回発売する「銀座梅林 ロースカツサンド」は、2003年にサンクス店舗で、一日5個販売した人気の商品を更に高品質に仕上げたもので、豚肉は、一貫生産により安全性を追及した"アンデス高原豚"を使用しております。パン粉には、これまで使用していた乾燥パン粉から食感・風味ともに優れた"生パン粉"に変更し、ソースは、トマトを中心に野菜・果実の風味を活かし銀座梅林の伝統の味を風味豊かに再現しています。
今後は、コロッケサンド(2007年3月頃発売予定)など定期的に老舗の味をお届けいたします。
 
銀座梅林: 1927年(昭和2年)、東京銀座で初めてのとんかつ専門店としてスタートし、今年で創業80年を迎える老舗のとんかつ屋です。
昭和初期に活躍した人気講談師、一龍斎貞丈がひねったキャッチフレーズ"珍豚美人 (ちんとんしゃん)"
が描かれたパッケージになっているのも話題のひとつです。
≪商品概要≫
商品名 『銀座梅林 ロースカツサンド』
価 格 330円(税込)
販売期間 1月16日(火)より2月19日(月)
販売地域 全国のサークル K/サンクス 6,311店舗
サークルK 3,040店舗 サンクス 3,271店舗
(2006年12月末現在)
        「珍豚美人(ちんとんしゃん)」が
描かれたパッケージ
 
 
以上