2007年3月22日
中日本高速道路のパーキングエリア
サークルK大山田PA上り店 開店
4月5日(木) 7:00 オープン
 
  株式会社サークルKサンクス(以下:サークルKサンクス、本部:東京都中央区、代表取締役社長:土方 清)は、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本、本社・名古屋市中区、社長・高橋(たかはし) 文雄(ふみお))の管内、東名阪自動車道"大山田パーキングエリア"(上り線・三重県桑名市大字播磨字大代1458-1)に「サークルK大山田PA上り店」を2007年4月5日(木)にオープン致します。

  今回オープンするのは、桑名インターと桑名東インターの中央に位置する"大山田パーキングエリア"内です。このパーキングエリアは、駐車スペースは大型38台・小型84台を備え、名古屋へ向かう中日本高速道路の最終パーキングエリアとして名古屋へ向かうドライバーの皆様を中心に利用されております。また、当店以外には休憩スペースやトイレ、売店などの施設も備わっている複合パーキングエリアです。

  店舗の外観は、ハイウェイ店舗としてのシャープ性とぬくもりを演出しました。内装はサーモンピンクを基調とし、楽しさと明るい雰囲気を演出したワクワクする売り場を目指しています。店舗設計には、「入り口の段差」「売場通路幅の確保」「ゴンドラ棚のRエッジ対応」など積極的にユニバーサルデザインを取り入れました。
  また、NEXCO中日本及びサークルKサンクスでは地球にやさしい環境配慮型店舗に取り組んでおり、既存店で既に導入している"店舗内調光システム"をはじめ、省エネ効果の高い"LEDサイン"などさまざまな環境負荷低減のシステムを導入していきます。

  商品・サービスにおいては、パーキングエリア内という立地特性からカウンターフーズの強化やコーヒーサーバーの導入を図っていきます。カウンターフーズは、通常店舗で取り扱いのあるフランクや中華まんをはじめ、地元三重のメーカーより商品を仕入れ、パーキングエリアでも人気の"たこ棒"や"チーズ棒"などの練り物商品を充実させてまいります。また、車内の芳香剤やドリンクホルダーの便利グッズなどドライブ関連商品の品揃えを増やしてまいります。

  今後は、サークルK大山田PA上り店他、基本合意書を締結した「東海北陸道自動車道 ひるがの高原サービスエリア(下り線)への出店も進めてまいります。
  サークルKサンクスでは地域に根差し、お客様に末永くご愛顧いただけるチェーンを目指してまいります。
 
【店舗概要】
店 名 サークルK大山田PA上り店
所在地 東名阪自動車道 大山田パーキングエリア(上り線) 三重県桑名市大字播磨字大代1458-1
営業時間 24時間営業
運営形態 直営店
面 積 店舗面積 150.02m2/45.38坪
売場面積  90.21m2/27.28坪
「サークルK大山田PA上り店」 イメージ図
「サークルK大山田PA上り店」 イメージ図
 
【店舗周辺地図】
サークルK大山田PA上り店
 
以上