2007年3月23日
オリジナルカップ麺味仙(みせん) 台湾ラーメン」
4月3日(火)より数量限定発売、「ぐるなび」でのプロモーションも実施!
 
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:土方 清)は、愛知県名古屋市に7店舗を構える中国台湾料理店「味仙(みせん)」の店主との共同開発によるオリジナルカップ麺「味仙 台湾ラーメン」(税込298円)を、全国にチェーン展開するコンビニエンスストア「サークルK」「サンクス」(計6,335店舗/2007年2月末現在)で4月3日(火)より数量限定で発売いたします。
  また、株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 征一郎)とタイアップし、同社が運営するグルメ情報サイト「ぐるなび」にて商品情報の発信などセールスプロモーションを展開してまいります。

「台湾ラーメン」とは、1970年代に台湾出身である「味仙」の店主、郭明優氏が台湾料理の「台仔麺(タンツーメン)」を激辛にアレンジしたメニューが始まりとされています。鶏ガラベースのスープにたっぷりのひき肉とニラを入れ、唐辛子で'激辛'に味付けしたスタイルを基本とし、地元・名古屋では多くの人が激辛ラーメンと言えば「台湾ラーメン」を思い浮かべるほどポピュラーなご当地メニューとして、市内の多くのラーメン・中華料理店で定着し、親しまれています。
  今回発売となるオリジナルカップ麺「味仙 台湾ラーメン」は、その考案者である店主監修のもと何度も試作を重ね、元祖の味わいをできる限り再現しました。数日かけて冷凍・熟成したのち、乾燥させた太めのノンフライ麺はお湯で戻すと生麺に近い食感が得られます。また、鶏ガラだしをベースにした醤油味スープにはにんにく・唐辛子と一緒にじっくり炒めた豚挽き肉の具からのうま味が溶け出し、最高レベルの辛味と、それに負けないうま味の絶妙なバランスを実現しています。

  当商品の店頭発売日に先立ち、3月27日(火)より月間5億9000万ページビュー、ユニークユーザー数1,000万人を誇るグルメ情報の総合サイト「ぐるなび」(http://www.gnavi.co.jp/)において商品紹介情報を掲載し、食に対して高い関心を持つ多くの方々にPRしてまいります。メニューの紹介や商品開発担当のコメント、『ぐるなびエディター』と呼ばれる、一般の「ぐるなび」ユーザーから選出された情報発信者による'先行試食会'のレポートなどを展開するほか、携帯サイトにも特集ページを設け、登録者へメールマガジンを配信するなど発売の直前後のタイミングで幅広いお客様に当商品を知っていただくことにより販売促進を行ってまいります。
  なお「ぐるなび」サイトでのオリジナル商品についての情報発信、プロモーション企画については今回の「味仙 台湾ラーメン」に止まらず、今後新たに発売となるカップ麺についてもおよそ月一回のペースで実施していく予定です。

  グルメ情報という専門分野において、ネットユーザーの圧倒的な支持を誇る「ぐるなび」サイトを通じたPRにより'食'や'味'にこだわりを持つ多くのお客様がサークルK/サンクスにご来店いただき、商品を手にとっていただけるものと見込んでいます。
 
【商品概要】
商 品 名 味仙(みせん) 台湾ラーメン」
メーカー 十勝新津製麺株式会社
価 格 298円(税込)
発 売 日 2007年4月3日(火)
※一部店舗では4日(水)からの店頭発売となります。
また、数量限定商品につき、在庫がなくなり次第、終売となります。
パッケージデザイン
販売地区 全国のサークルK/サンクス
サークルK 3,057店舗、サンクス 3,278店舗、合計6,335店舗 2007年2月末現在)
販売予定数 約28万食(うち、中京地区で約16万食を販売予定)
※売り切れ次第、終了となります。
 
『ぐるなび』プロモーションページ(イメージ・部分):
ぐるなび
 
 
以上