2007年4月17日
一般公募のアイデアをもとにお弁当を商品化!
THINK BODY「食物せんいが美味しいお弁当」
4月24日(火)より全国のサークルK/サンクスにて発売
 
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:土方 清)は、一般公募のレシピをもとに商品化した「食物せんいが美味しいお弁当」(450円)を、全国の「サークルK」「サンクス」にて4月24日(火)より3週間限定で発売いたします。

  この商品は健康志向をコンセプトに商品展開を行なう「シンクボディプロジェクト」の一企画として2006年10月から12月にかけてシンクボディのホームページ上で実施していた「アイデアレシピ募集」と「人気投票」により最優秀賞に選ばれたレシピをもとに商品化したものです。『食物せんいと豚肉を使ったお弁当』という募集テーマに対し、多品目の食材を用いる栄養バランスや調理法による油分のカットといったヘルシーな工夫を凝らしたものや、「家庭でも時間・手間をかけずに作ることができる」「冷めてもおいしい味付け」など、身近で活用できるお弁当のアイデアが多数寄せられました。

  最優秀賞に選ばれたそらさん(ペンネーム)のレシピは食物せんいがたっぷり摂れ、カロリー控えめのお弁当という狙いのもと、「里芋の卵包み」「インゲンのそぼろあん和え」「ごぼうとにんじんのまぜご飯」など5品目からなる和風のお弁当です。「食物せんいが豊富なところ」「ヘルシーなのにおいしそう」「食べ応えがありそう」など30代の男女層を中心に多く方の支持を集めました。
  実際に販売される商品では「里芋の卵包み」「インゲンの鶏そぼろあんかけ」「ごぼうとにんじんの炊き込みご飯」などアイデアレシピの原案に倣ったメニューを再現する一方、「アスパラガスの豚肉巻き」など一部はアレンジを加えたおかずも盛り込みました。

  2006年7月より商品展開を行なってきたシンクボディプロジェクトでは、商品パッケージに印字したQRコードから携帯サイトのアンケートに誘導し、お客様の意見や要望の収集、購入者の客層分析などを行なっています。そこから得られた課題・改善点は随時商品開発に活かしブラッシュアップを図ってまいりました。2007年5月からはオフィス立地の多い都市部に限定した2段タイプのお弁当や、今までのシンクボディシリーズに比べボリュームを出した商品も投入いたします。

  サークルKサンクスでは年々ニーズの高まる健康志向に向けて商品開発・提供方法などの総合的なノウハウの蓄積を推し進めるとともに、お客様とのコミュニケーションの機会となるキャンペーン等を積極的に実施してまいります。
 
商品概要
商品名 「食物せんいが美味しいお弁当」450円
発売日 2007年4月24日(火)〜5月14日(月) 3週間限定
取扱店舗 全国のサークルK/サンクス
(サークルK3,023店舗、サンクス3,253店舗、合計6,277店舗、2007年3月末現在)
商品内容:
アスパラガスの豚肉巻き(塩ダレ仕立て)
インゲンの鶏そぼろあんかけ
炊き込みご飯(ごぼう・にんじんをトッピング)
筍のみそかけ(おかかをトッピング)
里芋の卵包み

約582キロカロリー(一包装あたり目安)
「食物せんいが美味しいお弁当」
 
(参考)
シンクボディシリーズ
5月発売予定の米飯商品
「十五穀米入り弁当(黒酢煮物)」450円
5月15日(火)より全国のサークルK/サンクス
(6,277店舗/3月末現在)にて発売予定
「十五穀米入り弁当(黒酢煮物)」
さっぱりと黒酢で煮付けたたっぷりの野菜の煮物を美しく盛り付けました。雑穀を混ぜたご飯の量はシリーズ商品の中でも少し多めになっています。
(写真左より)「赤色の2段弁当」「緑色の2段弁当」「黄色の2段弁当」各430円
5月8日(火)より中京地区の一部サークルK店舗(47店舗/3月末現在)にて3品発売予定
※「赤色の2段弁当」のみ関東地区のサークルK/サンクス(1,444店舗/3月末現在)でも発売予定

オフィス立地のランチという食シーン、女性をメインターゲットに想定し開発しました。 見た目にも女性が手に取りやすいコンパクトな2段容器。ご飯の量はおにぎり一個強と控えめですが、おかずの量・品目を充実させ満足が得られるように仕上げました。
「赤色の2段弁当」「緑色の2段弁当」「黄色の2段弁当」
 
以上