2007年7月5日
サークルKサンクスのおにぎりが新しくなります
〜2007年7月10日より全国の「サークルK」「サンクス」にて〜
 
株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦)は、「サークルK」と「サンクス」のチェーン別に展開していた、おにぎりを統一、全面リニューアルし、2007年7月10日(火)より、全国の「サークルK」「サンクス」6,251店舗(2007年5月末現在)にて販売いたします。

今回の全面リニューアルにより、手巻おにぎり『匠の握』、高付加価値おにぎり『極の具』とブランド名が統一されます。毎日食べたくなる『匠の握』は、三次元製法を取り入れることで、ふっくらした食感を追求しています。『極の具』は、よりこだわりをもったお客様にも満足していただけるよう徹底的に具材にこだわりました。また、地域の特性を生かした商品、季節の食材などを使ったバラエティ商品を増やすとともに、高付加価値商品を強化し、お客様のニーズに応えていきます。

なお、今回の統合を通じて、サークルKサンクスはおにぎりの企画・開発から販売までスケールメリットを追求。商品メニューや食材の統一を行い、原材料の品質アップと商品製造の生産性を向上させます。

極の具(銀鮭) 極の具(鰻わさ) こんぶ うめ
極の具(銀鮭) 極の具(鰻わさ) こんぶ うめ
 
《商品概要》
【商品一例】
商品名 価 格
特長
手巻おにぎり(梅) 110円 梅本来の酸味を失うことなく、梅の塩度を維持。塩度、酸味のバランスよくサッパリと
手巻おにぎり(辛子明太子) 140円 厳選した助子を3日間じっくりと漬込み熟成し、粒感とアミノ酸を主とした旨み成分を最大限引き出している
手巻おにぎり(かつおおかか) 115円 「荒節」+「枯節」ブレンドの「枯節」比率をアップし、鰹の旨みを向上
手巻おにぎり(シーチキン) 105円 パサつき感を改善し、より食べやく
極の具(銀鮭) 175円 切身タイプの脂ののった「銀鮭」を冷風干しにし、旨みを凝縮させた後じっくり焼き上げている
極の具(いくら) 175円 アラスカ沖で獲れた粒感のしっかりしたいくらを使用し、魚卵本来のもつ旨みと濃厚な醤油のコクが合わさり、風味、旨みのバランスがとれた一品
極の具(焼たらこ) 170円 アラスカ産の良質なたらこをじっくり熟成させ、レア焼きにし、またほぐし状の焼たらこをトッピングしてあり、最後まで食感を楽しめる一品
※ 手巻きおにぎりは「匠の握」ブランドになります。
※ 地区により販売商品は異なります。
【リニューアルポイント】
「価値あるリーズナブル」商品と「高付加価値」とで2極化するニーズに対応した商品構成。
三次元成型
全国の手巻おにぎり(匠の握)の製法が、"三次元製法"(※)になり、ふっくらした食感を追求。具材により「極の具」にも、一部"三次元製法"を採用。
 
具材の品質向上とボリュームアップを実現。  
「匠の握」では、炊き上がったご飯に塩を混ぜ込むことで塩のうまみ成分を
残しています。
 
おにぎりの基幹食材の一つである塩のにがり成分を4.5%アップさせ、お米の旨みを最大限に引き出しています。
「極の具」には、にがりを豊富に含んだ「瀬戸のにがり塩」を使用。
 
「極の具」に使用する海苔は、米との相性にこだわり「有明産」を使用し、
海苔本来の風味と食感を追求。
 
「匠の握」に使用する米は、宮城産ひとめぼれ。
「極の具」に使用する米は、富山産コシヒカリの一等米を使用。
 
三次元製法とは、立体的にご飯をプレスする方法。手で握るように丸みを帯びた成型機を使いプレス回数を減らし、空気をバランスよく含ませることで、ふっくらした食感を実現。また、具材を入れる際も、お米への過剰な圧力を回避するように工夫がされています。  
     
【発売日】 
2007年7月10日(火)〜   ※地区により販売商品は異なります。

【販売店舗】
全国のサークルK/サンクス 6,251店舗
(サークルK3,011店舗、サンクス3,240店舗、2007年5月末)
 
 
以上