2007年8月23日
「料理界の巨匠」がプレミアムカレーパン作りに挑戦!
「二つ味カレーパン」「旨辛カレーパン」発売開始
※8月28日(火)から全国販売!!
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦)は、「料理界の巨匠が挑むカレーパン」として、『二つ味カレーパン』(「九段 斑鳩」坂井保臣店主監修)と、『旨辛カレーパン』(「中国小菜 龍圓」栖原一之店主監修)の2アイテムを全国のサークルK/サンクス6,250店(2007年7月末現在)にて、2007年8月28日(火)〜9月24日(月)の期間限定で販売いたします。

  本製品は洋食以外のジャンルで活躍するシェフが、それぞれ監修し、持てる知識、アイディア、技術を総動員した趣向を凝らした逸品です。商品の製作過程は、ブログにて随時更新しました。ブログは、「スーパーシェフHPブログ」(http://www.super-chef.jp/)もしくはサークルKサンクス・ホームページ"巨匠カレーパン・バナー"からご覧いただけます。
■二つ味カレーパン 145円(税込) 二つ味カレーパン
 人気ラーメン店「九段 斑鳩」の坂井保臣店主が監修したこのカレーパンは、濃厚なかつおだしが利いた「和風カレー」と、とんこつの風味を活かしたスパイシーな「豚骨カレー」の2つの味が楽しめる、2つのパンが結合した形状としました。パンは、通常のカレーパンが揚げるところを焼きパンとすることで、あっさりとした食感を実現し、女性からも支持いただける仕上がりとなりました。
 
 
■旨辛カレーパン 135円(税込) 旨辛カレーパン
  話題の創作中華料理店「中国小菜 龍圓」の栖原一之店主が監修したこのカレーパンは、豆板醤・葱油等スパイスが効いた中華仕込みのコクと辛さを効かせました。「五香粉」(中国の代表的な混合香辛料)をふんだんに使用することで、キーマ状にしたミンチ肉など具材の旨みを引き立たせます。
 
 
☆参考資料「監修シェフ プロフィール」
■「ラーメン界の天才」 坂井 保臣 (「九段 斑鳩」店主) 坂井 保臣
 1972年東京生まれ。2000年「九段 斑鳩」を開店。築地から仕入れた高級本枯鰹節、鯖節、鶏ガラ、利尻昆布など20種類の天然素材を使用した和風だしの濃厚スープが評判を呼ぶ。各メディアの人気ランキングでは常に上位を獲得。
 
 
■「創作中華の天才」 栖原 一之 (「中国小菜 龍圓」店主) 栖原 一之
  1964年東京浅草生まれ。1993年浅草に「中華小采 龍圓」を開店。単に美味しいだけではなく「医食同源」の考え方をふまえつつ、食材の安全性、栄養バランスにもこだわりを持った創作中華の名店。TV、雑誌など出演メディア多数。
 
 
以上