2007年10月2日
サークルK及びサンクス36店舗で
「QUICPayTM」及び「Visa Touch(Smartplus)」が10月3日から利用可能!!
  株式会社サークルKサンクス(以下サークルKサンクス、本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦)は、トヨタファイナンス株式会社(以下トヨタファイナンス、取締役社長:藤田泰久)、株式会社ジェーシービー(以下JCB、取締役社長:高倉民夫)、三菱UFJニコス株式会社(以下三菱UFJニコス、代表取締役社長:大森一廣)各社が展開する非接触IC決済サービスの利用をサークルK及びサンクス36店舗にて、2007年10月3日(水)より開始いたします。

  今回導入する店舗は、いずれの決済手段でもカード形態に加え非接触ICチップ(FeliCa)搭載の携帯電話での利用が可能となる、マルチリーダライタの導入が完了した36店舗で利用を開始いたします。これにより、現在当社で導入しているプリペイド(前払い)方式の電子マネー「Edy」に加え、ポストペイ(後払い)方式でトヨタファイナンス、JCBの推進する「QUICPay」、三菱UFJニコスの推奨する「Visa Touch(Smartplus)」を選択してご利用いただくことが可能となります。
  サークルK及びサンクス全店舗(6,243店・2007年8月末)へのサービス導入は、2008年 1月下旬を予定しております。
  昨今、電子決済サービス市場にはクレジット業界をはじめとして、さまざまな企業の新規参入が相次ぎ、お客様の決済手段は多様化しております。現在当社で展開中の電子マネー「Edy」の利用件数は年間4400万件(2006年度)を超えております。さらにEdy機能搭載のハウスカード「KARUWAZA CLUB CARD」の発行枚数は88万枚を超え会員数も26万人と着実に増えております。また、1日1店舗あたりの決済金額も25,000円(2007年7月末現在)を超えています。当社では、様々なサービス機能の強化によりお客様の利便性向上を進めてまいります。 レジ一体型マルチリーダライタが設置された新POSレジ
<レジ一体型マルチリーダライタが設置された新POSレジ>
  また2008年春には、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモのおサイフケータイ®を活用したケータイクレジット「iD」の利用も可能となる予定です。
*「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカード技術です。
*「FeliCa」はソニー株式会社の登録商標です。
*「おサイフケータイ」「iD」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
*「Edy」はビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスの名称です。
*「QUICPay」は、JCB、トヨタファイナンス等が推進している「モバイル決済推進協議会」の推奨スキームです。 
*「Visa Touch」はビザインターナショナルが日本で展開している非接触決済サービスです

<「QUICPayTM」及び「Visa Touch(Smartplus)」決済サービス導入の概要>

利用可能サービス(加盟店契約者) 
    ・「QUICPay」(トヨタファイナンス株式会社、株式会社ジェーシービー)
  ・「Visa Touch(Smartplus)」(三菱UFJニコス株式会社)  
     
利用可能店舗予定:サークルKサンクス 36店(サークルK:20店、サンクス:16店)
     
利用可能予定日: 2007年10月3日(水)
※2008年1月末には、サークルK及びサンクス全店での導入予定。
     
マルチリーダライタ製造メーカー:日本電気株式会社
     
サービス内容: 店舗でご利用前に現金によるチャージを行う必要がない、ポストペイ (後払い)方式による非接触ICクレジット決済サービス。
利用の際のサイン不要(※)で、サークルK/サンクスの店頭に設置されているマルチリーダライタにかざすだけなので、レジ待ち時間の短縮や小銭のやりとりによる煩わしさを解消できます。このため小額決済時に便利にご利用いただける決済手段です。   
また、このサービスはカード形態に限定していないため非接触ICチップ
(FeliCa)を搭載した携帯電話でも利用が可能です。
※「Visa Touch(Smartplus)」ご利用で、3万円を超える場合はサインが必要。
■"非接触ICクレジット決済"サービスの一連の流れ(イメージ)
"非接触ICクレジット決済"サービスの一連の流れ(イメージ)
以上