2008年6月19日
今年の夏の土用の丑の日は7月24日
「国産炭火焼うなぎ蒲焼重」予約受付開始!
全国のサークルKとサンクスで6月23日から
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦)は、7月24日の夏の土用の丑の日に向けて、「国産炭火焼うなぎ蒲焼重」(1,580円・税込)と「炭火焼うなぎ蒲焼重」(895円・税込)の予約受付を、全国のサークルKとサンクス6,137店(2008年5月末現在)で、6月23日(月)〜7月20日(日)に実施します。商品のお渡しは、7月23日(水)、24日(木)の両日となります。

国産炭火焼うなぎ蒲焼重■国産炭火焼うなぎ蒲焼重 1,580円(税込)
  国産のうなぎを丸々1尾使用しました。熟練の生産者によりうなぎの成育に適した水質で養殖されたうなぎのうち、専門店でよく使われる大きさのうなぎを選びました。炭火ラインで焼き上げ、ふんわりとしつつも、うなぎの身質、味がしっかりと口に広がる逸品です。かけタレは、地域の嗜好に合わせ「だし感が強いタイプ」と「醤油感が強いタイプ」の2種類をご用意しています。別添で「和歌山県産山椒」が付いています。
  うなぎは、九州産のうなぎ(鹿児島・宮崎)を使用しており、中京地区では愛知県産のうなぎを使用した商品もご用意しています。

■炭火焼うなぎ蒲焼重 895円(税込)
  中国産うなぎを丸々1尾使用したうなぎ蒲焼重です。「蒸し」「焼き」が好まれる地域の嗜好にあわせて「原料」や「調理法」「タレ」の味付けを変更しています。
  「蒸し」の好まれる地域では、うなぎの蒸し工程を強くすることでふんわりと仕上げており、薄味・薄色でだしの風味が生きたタレをご飯と蒲焼にかけてあります。一方、「焼き」の好まれる地域では、うなぎの焼き感を強くすることで香ばしく仕上げており、醤油の香りが効いたタレがご飯と蒲焼にかけてあります。どちらのかけタレにも、うなぎの骨から抽出したエキスが加えてあり、専門店で漬け焼きを繰り返したようなうなぎの旨味を再現しています。
以上