2008年7月23日
サークルKサンクスと津南町・JA津南町とのコラボレーション企画
津南産の食材を使ったお弁当・おにぎりを発売!!
7月29日(火)〜8月17日(日)新潟県内のサークルKで
  株式会社サークルKサンクス(本部:東京都中央区、代表取締役社長:中村 元彦)は、「地産地消を通じて地域の活性化に貢献すること」をテーマに、津南町(新潟県中魚沼郡津南町、町長:小林 三喜男)、JA津南町(新潟県中魚沼郡津南町、代表理事組合長:瀧澤 勝)と共同で企画した、津南町産の食材を使用したお弁当・おにぎりを、新潟県内のサークルK84店(2008年6月末現在)で7月29日(火)〜8月17日(日)までの期間限定発売します。また、店頭販促物では、津南町の人気イベント「津南ひまわり広場まつり」(7月19日〜8月17日)の告知も行います。
 
  サークルKサンクスと津南町およびJA津南町が、商品の共同企画を行うのは今回が初めての試みとなります。今回の取り組みを通じて、「地産地消」、「地元商品の消費アップ」、「地域の活性化」を推進するとともに、サークルKサンクスとしても地域に密着したお客様に愛されるコンビニエンスストアを目指します。
  今回発売する商品は、「豚しょうが焼弁当」(498円・税込)と「メンチカツ弁当」(498円・税込)、「手巻おにぎり 塩むすび」(115円・税込)、「手巻おにぎり 野沢菜」(130円・税込)の計4種類(お弁当2種類+おにぎり2種類)です。今回の商品で使用するお米はすべて津南産のコシヒカリを使用しています。そのほか、お弁当の豚肉やキャベツ、付け合せやおにぎりの具材の野沢菜も津南産を使用しています。豚肉は、特別配合の飼料と快適な環境で育てられた津南産の豚肉で、柔らかい肉質と甘みのある脂肪が自慢の逸品です。おにぎりは、お米のおいしさをそのまま召し上がっていただくため、塩むすびと、津南産野沢菜を使用したシンプルな2アイテムを揃えました。
  新潟県津南町は、国内でも有数のブランド米「魚沼産コシヒカリ」の生産が盛んで、野菜や豚肉などのおいしい食材も多数ある自然に恵まれた町です。また、津南町の人気イベント「津南ひまわり広場まつり」は、50万本のひまわりが一面に咲き誇り、津南町の自然の素晴らしさを象徴するイベントです。「津南ひまわり広場まつり」の会期である7月19日(土)〜8月17日(日)に合わせて、今回のお弁当・おにぎりを発売することで、津南町の魅力をさらにアピールしていきます。
 
<商品概要>
販促物イメージ
<商品概要>
<販売期間> 7月29日(火)〜8月17日(日)の3週間
<販売地域> 新潟県内のサークルK 84店舗(2008年6月末現在)
豚しょうが焼弁当 メンチカツ弁当
●豚しょうが焼弁当 498円(税込)
・津南産の豚肉を甘辛い味付けのしょうが焼にしました。しょうが焼の下には津南産キャベツを使用した野菜炒めを盛り付けました。付け合せの野沢菜も津南産を使用しています。
●メンチカツ弁当 498円(税込)
・津南産の豚肉を使用したメンチカツがメインのお弁当です。メンチカツの下には、津南産キャベツを使用した野菜炒めを盛り付けました。付け合せの野沢菜も津南産を使用しています。
手巻おにぎり 塩むすび 手巻おにぎり 野沢菜
●手巻おにぎり 塩むすび 115円(税込)
・津南産のコシヒカリのおいしさをそのまま召し上がって頂くおにぎりです。中の具は入れずに、振り塩だけのシンプルな味付けにパリッとした海苔がよく合います。
●手巻おにぎり 野沢菜 130円(税込)
・津南産コシヒカリのおいしさをそのままに、中の具には、あっさりとした味付けの津南産の野沢菜の漬物を使用しました。コシヒカリのほんのりとした甘みと野沢菜漬の塩味がよく合います。
 
以上