1998年11月18日

クリーンアップキャンペーン

当社では、1994年からサークルK全店の店頭で「環境保全募金」を実施しています。今年度からは、店頭募金だけでなく、活動でも環境保全を支援していこうということで、募金の寄託先であるJEAN(ジーン)が事務局となって行われている「クリーンアップキャンペーン」に、去る9月20日(日)、社員らがボランティアとして参加しました。
当日の会場は、名古屋市港区にある荒子川公園と、岐阜県の長良川の河川敷。
荒子川公園には、役員をはじめ社員およびその家族など57名が集まり、公園内の清掃活動を行いました。
約1時間で集まったごみの内容は、ビン、缶、たばこのフィルター、ガゼット袋などで、その量はポリ袋20個分にも及びました。
長良川会場には社員15名が参加し、2会場で合計72名の参加となりました。
今後も当社は「クリーンアップキャンペーン」に積極的に取り組んでいく予定です。

●ゴミ調査結果

荒子川公園 アイテム別・ワースト10
拾ったゴミは種類別に「データカード」に記入し集計

(単位・個)

1位 タバコのフィルター  973
2位 飲料缶  400
3位 紙片  274
4位 その他の袋   271
5位 スーパー・コンビニの袋  219
6位 お菓子の袋   167
7位 ビニールシートや袋の破片  161
8位 プラスチックボトル(ソフトドリンク)  142
9位 発泡スチロールの破片   112
10位 ふた・キャップ   80



日本で集めたゴミのデータは、アメリカの海洋自然保護センターとオーストラリアのクリーンアップ・ザ・ワールドに報告されます。そこでは、地球規模の漂着・散乱ゴミの情報データベースが構築され、調査結果は毎年レポートで公表されるとともに、さまざまな提案がなされ、環境保全のための具体的な改善に結びついています。

JEANの詳しい活動