1999年11月19日

コンビニエンス業界初
オーダーメイド商品券
『サークルKプレカード』の発行について




東海地方を中心に、コンビニエンスストア「サークルK」を展開するサークルケイ・ジャパン株式会社(本社:名古屋市中村区、社長:外山泰三)では、オーダーメイド商品券『サークルKプレカード』を発行しますので、ご案内します。
この『サークルKプレカード』(以下、Kプレカ)は、おもて面に広告を載せた商品券で、企業を主な対象としてスポンサーを募り、発行します。スポンサーの募集は、当社が契約した代理店4社を通じて行います。
スポンサーとなった企業は、Kプレカを自社商品の宣伝や記念品、景品などの販売促進用ツールとして利用します。
Kプレカは、エリアフランチャイズの東北・四国地区を含むサークルK全店(2,532店)において、公共料金を含むすべての商品代金お支払いの際にご利用いただけます。

従来、記念品や景品などには、多くの場合、テレフォンカードが利用されていましたが、近年、携帯電話の急速な普及によりテレフォンカードの利用者数が減る傾向にあると言われています。
そこで当社では、このKプレカがテレフォンカードに取って代わり、企業の販促活動のツールとして活用していただけるものと期待しています。

●サークルKカードの概要

カードのサイズ 縦54.0mm×横85.5mm
(テレフォンカードと同サイズ)
カード厚 188ミクロン
券種(利用金額) 500円(500円)
偽造防止策 表-ホログラム転写、裏-マイクロ文字
仕様 平面積層タイプ

●サークルKプレカードの発行、利用までの流れ




以上