2000年2月22日

サークルKエコ店舗オープンのお知らせ


サークルケイ・ジャパン株式会社では、環境保全の観点から省エネルギー化、省資源化に対応した実験店舗を2000年2月24日(木)にオープンさせますので、お知らせいたします。

- 記 -

1. 店舗名 サークルK岐南下印食(ギナンシモインジキ)店

2.

住 所

岐阜県羽島郡岐南町下印食2丁目51番

3.

開店日

2000年2月24日(木)

4.

店舗概要

敷地面積454坪(1500)、店舗面積44坪(145) 売場面積33坪(110)、駐車台数14台

5.

店舗形態

サークルケイ・ジャパン(株)直営店

6.

エコ店舗の
ねらい

当社ではこれまで省エネに向けていろいろ取組んで来ましたが、それを集大成し店舗での実験を展開します。実験の結果、効果の高いものについては既存店舗や今後の新設店舗に導入します。今回の実験では一店舗当たりの電力消費量を従来の店舗と比べ年間31000KWh(18%)を削減目標としています。
省エネ店舗の普及に向けての実験が今回の主な目的です。

7.

実験期間

特にありませんが、効果の確認できたものから順次既存店、新設店に導入していきます。

8.

主な実験内容

(1)省エネ対策として、空調には深夜の電力で氷を作り、昼間の冷房に利用するエコアイスと、節電タイプの動力システムであるハイインバーターシステムを導入します。冷蔵ケースには動力に節電タイプのインバーターを使用し、更にマイコン操作で最適節電運転ができるシステムを導入します。天井照明は時間帯別に照度を調整し、さらに照度センサーで無駄を省きます。また、省エネタイプの水銀灯も導入します。
トイレの照明は自動点滅、便器は節水タイプのものを設置します。
店内換気は熱交換型の換気装置でエネルギーのロスを防ぎます。
建物は高断熱パネル、ガラス面には断熱シートの導入により、店内の冷暖房効率を上げます。

(2)リサイクル対策として、建替え時に再利用可能な高断熱パネル(外壁)、ボード(店内壁)を使用し、床タイルは原料の8%が廃ガラスと汚泥のリサイクル品を使用します。

(3)バリアーフリー対策として、入口の段差を無くし、入口正面に点字ブロック、トイレに手すりを設けます。また、お体の不自由な方の駐車場と店舗入口に従業員呼び出しベルを設置します。


以 上