2002年11月11日

〜 老舗ラーメン店“新福菜館”のオリジナルカップ麺が登場 〜
「新福菜館中華そば」 数量限定発売


直焼きチャーシューが決め手!さっぱり&コクのある濃厚醤油ダレを再現


シーアンドエスグループのコンビニエンスストア、サークルケイ・ジャパン株式会社および株式会社サンクスアンドアソシエイツは、京都を代表する中華料理店「新福菜館」(京都市下京区)の店主・青木茂之氏監修により開発したオリジナルカップ麺「新福菜館中華そば」(298円・税別)を2002年11月13日(水)からサークルKおよびサンクス全店にて数量限定で販売いたします。

全国に支店を持つ老舗中華料理店「新福菜館」のラーメンは、創業以来の製法を守り、熟成濃厚醤油と豚骨、鶏がらなどをブレンドしたスープが特徴的。見た目の色の濃さに反し、さっぱりしていてコクがあり、京都を代表するラーメンとして人気があります。今回、本店の店主・青木茂之氏監修のもと、シーエンドエスグループがカップ麺として再現いたします。

【販売開始】2002年11月13日(水)〜 数量限定 
【販売地域】全国のサークルK 2,917店舗(10月末現在)とサンクス3,174店舗(10月末現在)
【商 品 名】「新福菜館中華そば」(298円・税別)

(特 徴)麺:製麺後1時間の熟成を経て、切り出し機で茹であげます。茹でた麺は4日間かけて冷凍し、解凍・乾燥を。この独自製法により、生麺に近い食感が得られます。本製品には通常より太い麺線のものを製造しています。

具材:豚肉を香辛野菜の入った醤油ダレで煮込み、スライスした後に高温で1枚1枚直焼きすることで、旨味の凝縮したチャーシューに。乾燥チャーシューでは出せない、本物の肉の味が楽しめます。また、「新福菜館」同様にたっぷりのモヤシと青ネギを使用しています。

スープ:豚骨、野菜等を煮出しした本物の自家製がらスープを本カップ麺のために特別調合。豚骨と鶏がらの旨味を丁寧に引き出したスープと肉の旨味がたっぷり溶け出した醤油ダレの絶妙なブレンドは、見た目の色の濃さに反し、さっぱりしていてコクがあります。

以上