2003年6月20日

「劇場版 仮面ライダー555<ファイズ>」
同時上映「劇場版 爆竜戦隊アバレンジャー」
サークルK&サンクスが前売り鑑賞券を販売




シーアンドエスグループのコンビニエンスストア、サークルケイ・ジャパン株式会社および株式会社サンクスアンドアソシエイツは、映画「劇場版 仮面ライダー555<ファイズ>」(2003年8月16日(土)公開、同時上映「劇場版 爆竜戦隊アバレンジャー」)の前売り鑑賞券一般1,300円(最大500円引き)、小人800円(最大200円引き)、親子ペア2,000円(最大800円引き)を、6月21日(土)より8月15日(金)までの間、全国のサークルK2,962店舗(5月末現在)およびサンクス3,220店舗(5月末現在)で販売いたします。コンビニエンスストアにおいて同映画のチケットを取り扱うのは、サークルK・サンクスのみとなります(ただし、九州地区は除く)。この映画はストーリー性の高さから、子供だけでなく大人も視聴者に取り込んだ人気TVシリーズ「仮面ライダー555<ファイズ>」と「爆竜戦隊アバレンジャー」の劇場版です。

≪「劇場版 仮面ライダー555<ファイズ>」ストーリー≫
有名企業スマートブレイン社で極秘に研究されていた謎のツール「オルフェノク」と闘う、仮面ライダーファイズこと巧。オルフェノクとしての使命を果たそうとする勇治と出会い、大いなる物語の幕が開かれた。使命によって彼等が人としての存在を超えるとき、ファイズ達とオルフェノク達の戦闘は、未知の扉を開け、激しく壮絶に現実世界を突き進み始める。名前すらいまだ明かされない謎のライダーはファイズにとって、あるいは人類にとって敵なのか、それとも味方なのか?

両社では、シーアンドエスグループとしてのマスメリットを生かし、魅力ある商品の開発を積極的にすすめることにより、お客様から選ばれるチェーンとなるよう今後も努めてまいります。

以上