2003年7月31日

シリーズ最新作!9月20日(土)公開
『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』
映画鑑賞券の販売とクローズド懸賞の実施について

映画鑑賞券の購入レシートを送ると、映画オリジナルグッズなどが合計130名様に当たります


シーアンドエスグループのサークルケイ・ジャパン株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:土方清)と株式会社サンクスアンドアソシエイツ(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:夫馬泰彦)では、松竹株式会社の人気映画シリーズで、9月20日(土)から全国松竹系にて公開になる最新作『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック!』の映画鑑賞券を全国のサークルK・サンクスにて、来る8月1日(金)から販売します。コンビニエンスストアでの販売は、サークルK・サンクスのみ(※)での取り扱いとなります。
また、同映画鑑賞券のお買い上レシートで応募すると、抽選で合計130名様に、同映画のオリジナルグッズなどをプレゼントするクローズド懸賞も併せて実施します。
(※)映画鑑賞券は、コンビニエンスストアではサークルK・サンクスの店頭のみでの販売ですが、それ以外では劇場窓口などで販売されます。

原作の『釣りバカ日誌』は、コミック誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館発行)に22年間、現在も連載されているスーパーヒット作で、平成元年には西田敏行氏・三國連太郎氏主演で映画化され、ほぼ毎年1作品ずつ公開されており、今年で16作目(スペシャル版・時代劇版を含む)となる“国民的シリーズ”です。
2002年11月にはテレビアニメ化され(テレビ朝日系列にて毎週土曜日よる7時30分〜8時放送)、サラリーマン世代に限らず幅広いファン層をもつ人気作品となっています。このような人気の高い映画の鑑賞券を販売し、あわせてクローズド懸賞も実施することにより、来店客数の増加をねらいます。

両社では、シーアンドエスグループとしてのマスメリットを生かし、魅力ある商品・サービスの取り扱いを積極的にすすめることにより、お客様から選ばれるチェーンとなるよう今後も努めてまいります。

◇◇◇映画鑑賞券の販売とクローズド懸賞の概要◇◇◇

【 映画鑑賞券の販売 】

販売期間 2003年8月1日(金)〜10月13日(月・祝)
販売地域 サークルK・サンクス全店(6月末現在、エリアフランチャイズ含む6,165店)
取扱券種 一般 1,000円
* 前売・当日券ともに上記の同一価格です。
* 同映画の鑑賞券は、「一般」1種類のみの発売です。

【 クローズド懸賞 】

応募期間 2003年8月1日(金)〜9月20日(土) ※9月22日(月)当日消印有効
実施地域 サークルK・サンクス全店(6月末現在、エリアフランチャイズ含む6,165店)
賞品
 A賞:映画「釣りバカ日誌14」で使用されたものと同型の腕時計(※1)と、オリジナル スタッフジャンパー 10名様
 B賞:ハマちゃん(※2)魚拓付き扇子 20名様
 C賞:C&Sプレカード(※3) 1,000円分 100名様

※ 1 登場人物の誰と同じ時計かは、賞品が届いてからのお楽しみです。
※ 2 主人公・浜崎伝助の愛称です。
※ 3 サークルK・サンクス全店で使用できるお買い物券です。

応募方法 『釣りバカ日誌14』の映画鑑賞券のお買い上げレシート1,000円を一口として応募専用ハガキもしくは官製ハガキに貼付し、郵送にて応募。
*応募専用ハガキは、サークルKの店頭のみに設置します。

<参考資料>

映画『釣りバカ日誌14 お遍路大パニック』の概要
今回のロケ地は四国・高知県。日本一の釣りバカサラリーマン、ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)と、ハマちゃんの釣りの弟子にしてハマちゃんの勤める鈴木建設の社長・鈴木一之助、通称スーさん(三國連太郎)のゴールデンコンビが、お遍路の旅で有名な八十八ヶ所やイシダイ、メジナ漁のメッカである勇壮な足摺岬、「日本最後の清流」と称えられる美しい四万十川などを舞台に大活躍します。

<原作> 作/やまさき十三・画/北見けんいち(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載)
<出演者> 西田敏行、浅田美代子、高島礼子、三宅裕司、三國連太郎など
<公式ホームページ> http://www.tsuribaka-movie.jp