2003年8月4日

『ゲゲゲの鬼太郎』キャラクターの携帯マスコットが
対象商品のドリンク1本に1個もれなく付いてくる!
サークルK 夏のドリンク企画の開催について

〜鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男、ねこ娘など、全8種類〜


 サークルケイ・ジャパン株式会社では、8月11日(月)から、エリアフランチャイズを含むサークルK全店で、飲料を対象としたプレゼントフェア「サークルK 夏のドリンク企画」を実施します。

 対象商品となるのは、500mlペットボトル飲料7アイテムで、これらの対象商品1本につき1個、妖怪漫画『ゲゲゲの鬼太郎』(水木しげる画作)キャラクターの携帯マスコットを付けます。飲料の最需要期を迎えるこの時期に、話題性のある販売促進企画を展開することにより、お客様の一層の来店増をねらいます。

<企画の概要>

・実施期間 2003年8月11日(月)〜
※景品は数量限定のため、各店舗において景品が無くなり次第、終了します。
・実施地域 サークルK全店(7月末現在、エリアフランチャイズを含む2,959店)
・対象商品 500mlペットボトル飲料 全7アイテム
@ コカ・コーラ ダイエット コカ・コーラ(140円)
A サッポロ 玉露入りお茶 冷緑茶(140円)
B アサヒ 三ツ矢サイダー(140円)
C キリン 生茶(140円)
D 伊藤園 天然ミネラルむぎ茶(140円)
E カルピス エビアン(130円)
F JT セノビー(140円)          *価格はすべて税別。
・実施内容 上記対象商品1本につき1個、下記のいずれかを添付してプレゼントします。
・景品漫画『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクターのうち、人気の高い8種類を選び、携帯マスコットにしました。
  キャラクター:鬼太郎/目玉おやじ/ねずみ男/ねこ娘/子なき爺/砂かけ婆/一反もめん/ぬりかべ

 これまでにもサークルKでは、ペットボトル飲料等に景品を添付する同様の企画を実施しており、「サザエさん」など、特に人気アニメキャラクターの携帯マスコットを添付する企画には非常に大きな反響がありました。

 サークルKでは、今後もお客様のニーズを的確に把握し、品揃えの拡充を図ることによりお客様から選ばれるチェーンとなるよう、今後も努めてまいります。

★参考資料★ 漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の概要とキャラクターの紹介

 漫画家・水木しげる氏の代表作の一つで、1960年代は「少年マガジン」、1970年代は「少年サンデー」に掲載され、その後テレビアニメーション化され人気を博した妖怪漫画。主人公の鬼太郎が、自らの霊力をもってさまざまな妖怪と戦い退治する姿が、多くのファンを魅了してきた。

○ キャラクター紹介
・鬼太郎…幽霊族の最後の生き残り夫婦の遺児。髪の毛を逆立てると妖怪の存在を知ることができるのをはじめ、ちゃんちゃんこ、げた、毛ばりなどいろいろな超能力をもっていて、妖怪ポストに集まった妖怪退治の声に答えて妖怪と戦ってくれる。
・目玉おやじ…鬼太郎の父。妖怪に対する知識や、対策に詳しい。鬼太郎のよきアドバイザー。
・ねこ娘…鬼太郎の幼なじみ。ねこの性格をそのままもった少女である。
・ねずみ男…半妖怪。鬼太郎とはつかず離れず、その時々の損得勘定で敵についたり、みかたについたりする。ずるがしこいが、憎みきれない小悪党。
・子なき爺…抱き上げるとだんだん石のように重くなる。鬼太郎のおじいさん的な存在。
・砂かけ婆…砂を武器にして、相手の目をくらます。鬼太郎のおばあさん的な存在。
・ぬりかべ…敵を身体の中に塗り込めたり、霧を発生させたり、身体の大きさを自由に変えられる。力も強い。
・一反もめん…敵に巻きついて締め上げたり、からだのへりをカッターにして切り裂いたりする。鬼太郎を乗せて空を飛ぶことも多い。

以上