2004年3月5日

オリジナル米菓『 えがお屋さん 』の発売について
〜昭和30年代の駄菓子屋をイメージしたパッケージ&味〜


 サークルケイ・ジャパン株式会社と株式会社サンクスアンドアソシエイツでは、亀田製菓の協力を得て、オリジナル米菓シリーズ『 えがお屋さん 』を発売します。昨今のレトロブームを受け、昭和30年代の駄菓子屋をイメージしたパッケージで展開、中高年層の方には懐かしく、若年層の方には新鮮に感じていただくことができ、幅広い年齢層のお客様に受け入れられるものと見込んでいます。

◆『 えがお屋さん 』の概要

○ 発売日 2004年3月10日(水)
○ 販売地区 全国のサークルK・サンクス全店  6,153店舗
 サークルK 2,918店/サンクス 3,235店(2月末現在)
○ 特 徴
・昭和30年代の駄菓子屋をイメージしたパッケージ&味です。
・ コンビニエンスストアの看板商品・おにぎりの人気の具の味をおせんべいで再現した【おにぎり型せんべい】と、駄菓子屋の店頭で、おせんべいなどを販売するために用いていた「ねこビン」のイラストをパッケージにあしらった【袋入りせんべい】の2種類。各4アイテム、合計8アイテム。
・ 【おにぎり型せんべい】は各2枚入り、【袋入りせんべい】は40〜75gの容量で、いずれも食べ切りサイズの個食パック。
・ どこか懐かしく、食べると笑顔がこぼれるような美味しさをめざして、ブランド名を
『 えがお屋さん 』としました。
○ 商品ラインアップ
おにぎり型せんべい4アイテムと、袋入り煎餅4アイテム、合計8アイテム
【おにぎり型せんべい】
 のりつくだ煮せん/うめせん/おかかせん/明太子せん(各80円・税別)
【袋入りせんべい】
 カリー煎餅/欧風せんべい/ソース揚せん/キャラメルソフト餅(各128円・税別)

 両社では、シーアンドエスグループとしてのマスメリットを生かし、新しい商品の開発を積極的にすすめることにより、魅力的な商品の提供と、お客様に喜ばれる売場づくりを図り、お客様から選ばれるチェーンとなるよう今後も努めてまいります。

以上